読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私にも言わせて。

3月8日、IWDの本日

なんだかSNSが騒がしそうなので便乗してみる。

女性の私にも言わせて。

 

某社のハッシュタグに巷でわちゃわちゃ。

言葉の選び方の難しさと

期待通りか否か、踊らされるかのようにムーブメントを起こしたコピーの影響力にまずは感嘆。そして私も波に乗せられてみる。

 

本題。

女性の私が今、思うこと。

 

まず、女性たち自身が

女、女子、レディー、ガール…

数ある性に対する感覚に過剰反応しすぎではないかと思うのです。

 

私も男ばかりの家で、男の多い環境で育って、女であることがすでに劣等感の要因で、不自由で、女らしさというレッテルを嫌ってた。

結婚とか妊娠とかネガティヴな印象が強くて、高校生まで制服以外にスカートなんて履かなかった。

今振り返れば、あれは誰にでも起き得る成長期の過程だったのかと思うけれど…

 

でも、いろんな出会いの中で少しだけ考えが変わってきた。

 

あ、わたし女属性なんだなって。

 

男とか女とか、そういう区別さえも嫌で、

みんな人間じゃんか、そんなので分けないでって。

そう思ってたけど…

 

ああもう私、どんなに逃げても生物的にメスなんだって。

そのコンプレックスに囚われてるだけなのかなって。

 

よし、じゃぁもう人間類女属性なら

アビリティ全部使ったろって。

一度全部やってから向き不向き、良い悪い、

合う合わない決めようって。

 

いろんな状況、感情、環境の人がいて

一概にはいえないけれど、

男やら女やら性を強く意識するということは、

その本人もまた自分自身に対して強く差別しているように感じたんだ。

誰かがじゃなくて、その向けられた言葉や行動をどう感じるか、その自分の捉え方なんだなって。

自分で自分の首絞めてるように感じるようになった。

 

スカートもはいた。

化粧もした。

髪を伸ばした。

女性の所作もしてみた。

 

最初は変な感じもした。

でも慣れると手の抜き方を知った。

場所も人も幅が広がった。

できない、じゃない。

やらない、の選択肢。

TPOで使い分けること。

 

ねぇ、権利があるなら使えばいい。

文句を言うくらいな、利用してやればいい。

したたかにいこう。

行きたい場所に手段がないならその時、声をあげようよ。

 

女子力とかを生んだのも女性

それらに縛られてるのも女性

それらにすがってるのも女性

 

女性専用車両だって

市場に溢れるレディースデーだって

いいじゃないか、あるものを存分に利用してやろうよ。

 

むしろ女性は恵まれてるとさえ思うの。

男性だと白い目でみられるような選択肢だってある。男性には選べない選択肢だってある。

 

男性たちの中に潜在的な女卑の感覚はあるのかもしれない。

じゃぁ、女性側には男性に求めるものは全くないですか?偏見はないですか?

大事なのはさ、互いに尊重することじゃんか。

一種の差別感情はしょうがない気もするのよ。

黙って受け止めること、聞き流すことが良いのではなくて、方法を選んで抗議したい。

男性、女性という偏見はそれでは止まらない。

どちらかが優位に立つことじゃない。

立場が逆になっては元も子もない。

文句よりも改善点を見出していきたいよ。。。

 

そんなことを悶々と考えてみた私も、

まだまだ差別だらけだと思うわけで。

毎度毎度アップデータしてこうと思っておりますのよ。ほほほほほほほ。