読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕たちはブレイン細胞隊

たまに

この世界は1人の体内の中で

私はその細胞のひとつ

いや、もはや遺伝子の核酸を構成する塩基のひとつに他ならないとしたら

という空想ゲームをする。

 

彼はまだまだ成長期で少しずつ拡大している。

そんななかでもひとつひとつの細胞のサイズは大きく変わることはない。

しかし、細胞同士が、ぶつかったり、離れたりしながら分裂し数を増やしていく。

僕たちの住む細胞は脳細胞。

彼は僕たちの基本で、おおもとの存在。

時に彼を神と崇めている。

僕らはシナプスを伸ばして、交通手段を円滑にし、あらゆるところへ迅速に情報交換も可能になった。

他の細胞の解明も進めている。

いつか彼の全貌を知る時が来るかもしれない。

どうやら、彼の他にも何人もいるらしい。

 

例えばだけど、そんなことを考える。

私たちの体内にも、微生物や寄生虫がごまんと存在する。

もはや、いわゆる人間の構成要素、器としての人間は全体の10分の1であり、性格・病気・体型までもが、それらに依存しているのではないかとも言われている。

そしたら、「私」という存在はなんなのだろう。

 

多元宇宙論や宇宙膨張の定説からも、

宇宙自体が何かの生命体として活動していると考える方が自然な気がしてならない。

私たちは何度も何度も、内側に内側に入り込んでいく世界を生きてきたんじゃないかな

とかも考える。

何度も何度も…

マトリョーシカのように。

 

豆粒よりももっともっともっともっと

小さな自分になるまで

くるくるくるくるくるくるくるくる

回りながら小さくなっていく夢をたまにみる。

真っ暗のなか

落ちていくでもなく、沈んでいくでもなく

遠くなるような、集約されていくような

そこは温度のない、感情のない世界で

それに気づいた時寂しさと切なさと心細さで

血の気もさーっと引いていくような…

そんな夢。

 

そもそもこのわっけわからない世界の解釈を

それぞれなんとなくしながら生きているわけで

それが間違ってるとも、正しいとも

誰も教えてはくれない。

 

自分の好きな世界を

自分の住みやすい世界を

見たらいいのだと思う。

そうすることしか私にはできない。

 

「人間が想像できることは、人間が必ず実現できる 」そんなことを言った有名な小説家がいる(ジュール・ヴェルヌ)。

 

想像豊かに生きていこうかな。

暖かな世界で生きたい。